日帰り手術のご紹介

日帰り手術について

一般的に、蓄膿症(ちくのうしょう)、鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)などの手術には、1週間程度の入院が必要とされています。なぜなら、手術後の患部が出血する事態に備え、経過観察の期間を長めに取っているからです。

しかし、「1週間も休めない」のが現実ではないでしょうか。手術とはいえ、鼻以外は健康体で、体力や食欲もあるため、「1週間も入院するのがもったいない」と感じる方もいらっしゃいます。

そこで当院では、患者さんの負担をできるだけ軽くした、日帰り手術のご提供を開始。独自の技術により、ガーゼを鼻につめている時間が、従来の数日間から当日のみに短縮されました。また、患者さんの負担軽減と安全性を両立すべく、大学病院が使うような最新の機器を導入しています。これまでの合併症はゼロです。

手術の流れ

手術前

初診時に手術の適応があるかを診察させていただきます。
手術日までには、定期的な通院が必要です。
手術日が近くなったら、CT検査や術前の採血で、最終確認をいたします。
手術の内容を説明させていただき、承諾書にサインをしていただきます。

手術中

当日は、11時までに昼食を軽くとっていただきます。
手術は午後に行います。予約した時間にご来院ください。
自ら自動車、バイク、自転車などを運転して来院されると、投薬の内容により帰りの運転ができませんので、ご注意ください。

手術後

翌日に受診していただき、術後処置や点滴を行います。
手術後の1週間は2・3回の通院が必要です。その後は1週間に1回となります。
手術を受けていただいた方には、責任をもって、長期間のフォローをいたします。手術の記録と承諾書は、20年間保管する予定です。

手術の注意事項

手術前

手術衣に着替えていただき、アクセサリー類を外し、お化粧は落としてください。
局所麻酔のため、手術中の意識ははっきりとしています。点滴で流しているのは痛み止めですので、ご安心ください。

手術中

術中はモニターで、ご自身の様子を確認することができます。
手術が終わりましたら、鼻の中にガーゼを入れて圧迫し、出血を防止します。抗生物質と止血剤の点滴を打ちますので、そのまましばらくお休みください。
その後、血圧などを確認し、安定していれば終了です。院内で薬を受け取り、手術料をレジにてお支払いいただきます(カードが使えます)。その際、止血用の綿球とピンセットをお渡しいたします。

手術後

出血や痛みがあった場合の処置、風呂や食事の可否など、術後の注意は承諾書に記載してありますので、それに従ってください。

宿泊パックのご紹介

地方都市や外国にお住まいで、当院での来院や手術をご希望される方に向けて、六本木周辺のホテルなどを対象とした「宿泊パック」をご用意しております。観光や人気店巡りも兼ねて、ぜひ足をお運びください。

六本木周辺のホテル一覧

  • アパホテル 六本木駅前

    〒106-0032 東京都港区六本木6-7-8
    六本木駅3番出口から徒歩約1分

  • レム六本木

    〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-4
    六本木駅から徒歩約1分

  • 相鉄フレッサイン 東京六本木

    〒106-0032 東京都港区六本木3-10-1
    六本木駅5番出口から徒歩約1分

  • ザ・ビー六本木

    〒106-0032 東京都港区六本木3-9-8
    六本木駅から徒歩約1分

  • CANDEO HOTELS

    〒106-0032 東京都港区六本木6-7-11
    六本木駅から徒歩約2分

  • ヴィラフォンテーヌ東京六本木

    〒106-0032 東京都港区六本木1-6-2
    六本木駅から徒歩約8分

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の事でお悩みがございましたら、
モーニングクリニック六本木内科耳鼻咽喉科ORまでご相談ください。

  • 03-5860-6935 お気軽にお問い合わせ下さい
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • WEB予約はこちら 24時間受け付けておりますWEB予約はこちら 24時間受け付けております